代表挨拶

企業の頼れる労働法務専門家集団として、
「活きたノウハウ」を提供できるよう日々研究を続けております。

近年の労働紛争は激化の一途をたどっています。
労働基準監督署、合同労組、紛争調整委員会、労働審判制度、などなど
労働者にはさまざまな救済オプションがある一方で、
会社を救済するプランは何もありません。
ですから会社は自ら理論武装して自己防衛するしかないのです。

無知は罪です。
法律は知らなかったでは済まされません。

本業が順風満帆だったのに、法律を知らなかったばかりに労働紛争に発展し、
廃業に追い込まれたという会社も少なくありません。
しかし、逆もまた真なり。
知識は経営者にとって最大の武器になります。知っていれば対策が打てます。
対策を打てばリスクは回避できます。それが予防法務という技術です。
我々は労務分野における予防法務のエキスパートです。

現状の知識に依存せず、常に最新の情報を収集することに力を注ぎ
「活きたノウハウ」を提供できるよう日々研究を続けております。

我々は今後も企業の頼れる労働法務専門家集団として、
経営者の皆様が安心して事業活動に
専念できる環境作りをバックアップしたいと思っております。

代表取締役・特定社会保険労務士
佐藤 貴則